情熱的なルビーのブレスレットの特徴

ルビーは7月の誕生石に指定されている石で、ペンダントやブレスレット、指輪などに使われています。質の高いルビーはなかなか採れないので、貴重な宝石としてルビーをあしらったアクセサリーは高級品が多いです。

r1.jpg

ルビーの原産国はミャンマーやマダガスカル、カンボジアなどですが、ミャンマーのルビーは鮮やかな赤色が特徴で質が良く人気があります。

ルビーは情熱的で負の出来事を浄化してくれる力があるということでパワーストーンとしてブレスレットがたくさん作られています。ルビーを身につけることで、病気や不幸から身を守ってくれ、健康運や運気全体を上げたい人におすすめの宝石です。また、情熱的な石であることから、積極的に恋愛をしたい人や、仕事や何か挑戦したい時、成功したい時にルビーを身につけるという人も多いです。

この他にもルビーには冷え性や便秘などの体の不調を和らげてくれる力も持っているので、女性に人気の高い宝石となっています。